病歴記録管理士

資格の特徴  商標番号 第4838256号

 当協会認定の「病歴記録管理士」は、施設長や病院長の指示により医師や関係者から各患者の記録を集め、一定の方式で整理し、必要なときに直ちに提供できるように管理します。それと共に、必要に応じて診療データの分析を行い、この情報により医療の結果やその仕組みを評価・判断し、該当する部門へフィードバックするという、新たな医療事務職です。厚生労働省は、診療報酬点数に診療録管理体制加算料を組み入れ、専任の診療記録管理者を1名以上置くことを規定しました。
●当協会の教育指定校では、下記科目を必修としております。
  1. 医学一般(医学用語、薬の知識、臨床検査の知識)
    科目名事例:予防医学、人間のからだと薬、生活と医学、
    薬理学、解剖生理学、医療と疾病、医学一般、医学入門など
  2. 医療情報学(病歴の管理と知識・関係法規)
    科目名事例:情報文化論、情報科学、医療情報学、生活情報論など
  3. 医療管理学(病院組織・医療関係法規)
    科目名事例:医療秘書概論、医療管理・医療秘書学、
    医療管理学、医療管理論、秘書概論など
  4. 情報処理論
    科目名事例:情報科学、情報処理論、情報処理演習、
    コンピュータリテラシー、情報処理入門、情報リテラシーなど
  5. 図書管理論(分類法、情報検索、医事統計)
    科目名事例:秘書実務、統計学演習、データベース論、
    診療情報管理論、情報検索演習、医療福祉統計、情報検索、
    統計処理、図書管理論など
  6. 診療報酬事務演習
    科目名事例:医療秘書事務、医療事務演習、秘書実務演習、
    医療福祉事務基礎、医療福祉事務演習、医療事務実技など

資格取得方法

 当協会が指定した教育指定校に通学し、医療事務に必要な専門知識を養います。その上で、年に2回行われる資格認定試験を受験してこれに合格し、資格の認定申請をすることが必要となります。